板寄せ取引ってなに?

東京穀物商品取引所では1つの価格ごとに競りを行い価格を決めている。
卸売市場などで商品を競り購入している姿を想像してもらうと分かりやすいと思うぜ。
ザラバ取引ではコンピューター内で取引を行っているのに対し、板寄せ取引では午前9時〜午後3時までの取引時間内に取引が行われ、人によって相場を決定している。

金融と投資 関連情報

三井住友銀行は収益の一部で植林を行う個人向け国債を売り出す。9月4〜30日に販売し、購入者1人につき北海道大学の研究林(北海道雨竜郡)で1平方メートルに植林する。地球温暖化問題防止をアピールし、環境問題に関心の高い若年層を中心に販売を拡大する狙いだ。 生命保険、損害保険会社からは機動的な事業買収や社内再編を行うため、部分譲渡規制の緩和の要望があがっていた。契約者保護の観点に加え、規制緩和は敵対的買収を活発化させかねないとして、金融審内部や一部保険会社には見直しに慎重な声もあるが、金融庁は年度内にも一定の結論を出したい考えだ。 地元経済界から、中小・零細企業に対して金融機関の貸し出し姿勢が厳しくなっているとの指摘があった。これに対し、白川総裁は「(景気が停滞している中で)金融機関が信用リスクの評価について新しい目線で見ることは当然で、全体としてどうなるかを注意したい」と述べた。 このため、特定の保険商品や営業地域、顧客層に限った部分的な事業買収ができない。また、既存の保険会社が個人客専門会社や企業取引専門会社といった機能別保険会社を分社化し、持ち株会社の傘下にぶら下げるなどの社内再編も、事実上不可能だ。