板寄せ取引ってなに?

東京穀物商品取引所では1つの価格ごとに競りを行い価格を決めている。
卸売市場などで商品を競り購入している姿を想像してもらうと分かりやすいと思うぜ。
ザラバ取引ではコンピューター内で取引を行っているのに対し、板寄せ取引では午前9時〜午後3時までの取引時間内に取引が行われ、人によって相場を決定している。

金融と投資 関連情報

地元経済界から、中小・零細企業に対して金融機関の貸し出し姿勢が厳しくなっているとの指摘があった。これに対し、白川総裁は「(景気が停滞している中で)金融機関が信用リスクの評価について新しい目線で見ることは当然で、全体としてどうなるかを注意したい」と述べた。 日銀は19日の金融政策決定会合で、景気認識については7月の「さらに減速」から「停滞している」と下方修正した。これに関連して白川総裁は「日本経済が深い調整局面に陥る可能性は小さい」との認識を改めて示した。理由として、サブプライムローン問題で日本の金融機関の損失が限定的で金融市場が安定していることなどを挙げた。 個人向け国債は、大手行、証券会社などの間で販売競争が激化し、商品券贈呈などのキャンペーンを行うところが多い。同行は今年6月の販売時にも、二酸化炭素の排出権取得を組み込むなど、環境問題への取り組みを積極的に打ち出して差別化を目指す。申し込みは、店頭のほか、インターネットのホームページ上では24時間受け付ける。 日本郵政グループのゆうちょ銀行は2009年1月5日に、全国の民間金融機関が振り込み処理などに使っているコンピューターシステム(全銀システム)へ接続する。接続後は全国の金融機関と相互に振り込みができるようになるが、ゆうちょ銀の口座に振り込む場合は従来の番号とは別に、新たに割り当てられる振り込み専用番号が必要となる。(石井重聡)