PORTER×ZOZO

PORTER×ZOZO
これはトートが出ているんだけど、とにかく大きくてリッチ。
随分大きいトートなんだけど、レザーなんですよ。
ハード超なんだけど、鋲打ちが控えめで、カジュアル系になんでも合いそう。
さすがにスーツ系だと合わないかもだけど。
こういうレザーの大ぶりなトートってありそうでないんだもんね。
ポーターの財布でもこういう質感のがあるから、合わせてもったらオシャレだろうね。
レザーを着込んだ男性が持っていたら、超似合うだろうな。

PORTER TANKERこれはスタンダードのロングラン商品。タンカーというネーミングで想像付くかもですけど、アーミータイプです。ふんわりした感じと質感がフライトジャケット系の素材のイメージが良く出ていますね〜。
デザインはプレーンな感じだから、長く使えそう。
ポーターのお財布(サイフ)でもこのような質感があるんですよ。

と、コラボや限定販売系を書いてみました。

コラボしても、バッグだけじゃなくて、お財布(サイフ)も合わせて作られているみたいで、そういう親切さが嬉しいですよね。
さすがポーターは日本のメーカーです。
財布の機能もそうだけど、痒いところに手が届くというか、そんな感じ。

ポーターはありそうで無かったものを作るのが得意なのかな?
財布にしても、革からナイロン系、更にはオーガニックコットンまで・・・と。
私は財布の質感をけっこう気にしちゃいますね〜。
服と質感が合わないと、取り出した時に目立つというか浮いちゃいません?

積極的にコラボも組んで、斬新なデザインをだしたり、質感も一辺倒じゃないから色々な服に組み合わせられるポーターのお財布(サイフ)が好き♪

ビジネス 関連情報

簡単に言えば建築基準法とは、ひとりひとりが快適に、かつ安全に過せるように、敷地などを含めた建築物の最低基準ということになるようですね。 面白いエピソードですよね! 航空機内でもし一緒にならなければ、エルメスのバーキンは存在しなかったかもしれませんね! 1950年に建築基準法が制定されてから現在までの50年強にわたる間に、木造住宅だけでも約10回ほども建築基準法は改正されています。 建築基準法の法令をひもとくと、法令同士が複雑に絡み合い読解するのが簡単とは言えないものになっていますけど、このような「最低基準」をベースに更にその地域などに合わせた規定が盛り込まれる可能性があるので固定されたルールとは言いがたいものになっているようです。